読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Making the Future project "alchemix"

「なりたい自分」は「自分サイズ」を見つけることで初めて実現する。世界中の「私」を創造する自分錬金プロジェクト。

「痛セルフブランディング」で自分の価値を下げないでください

セルフブランディング

企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。(Wikipediaより引用)

 

私がセルフブランディングを学びだしたのは7~8年前。

この本を友人だった人気ブロガーに紹介されたからだった。

 

 

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる

 

この友人自身もセルフブランディングが成功し、

某業界の人気雑誌にも載るようになった。

 

昨年久しぶりにメッセージをくれて

今は設立した会社を離れ、好きなことをやっているとのこと。

 

私が学びだした7~8年前は「セルフブランディング?なにそれ?美味しいの?」状態。

周囲のフリーで活動する人たちにこの話をしても全く通じず、ポカーンとされた覚えがあります。

 

この本をきっかけにセルフブランディングを自分なりに情報を集め勉強をしてきました。

セールスライターという仕事上、セルフブランディングに成功している起業家さんも見てきました。

 

けれど、残念なことに「痛セルフブランディングも蔓延っており、平気でそれを教えてお金を儲けている人もいれば、関係ない人が巻き込まれ被害をこうむっていたりする現実。

 

これから、マイメディア(自分発信)の構築が素人でもできる時代に突入し、マイブランドでのモノづくりもさらに多くなっていくでしょう。

 

企業の名前も肩書もなく、個人がビジネスをしていくうえで身につけるべきビジネススキルの1つでもある「セルフブランディング」。

 

まだあまりセルフブランディングについて知らない人でも分かるように、

ちょっとライトな感覚でお伝えできたらと思います。

 

【セルフブランディングの目的】

f:id:alchemixlabo:20170218182306j:plain

これは一言でいうなれば「自分の価値を高めること」

結果として正しいセルフブランディングをしていけばこんなメリットがもたらされます。

 

  • 価値が高まるので、収入がアップします
  • 知名度が上がりますので、良い人脈も拡がります
  • ファンができ、応援され、立場が上昇していきます

 

しかしながら「痛セルフブランディング」ではここまでしか教えていないようです。

私自身が考えるセルフブランディングはこの先に素晴らしい展開が待っているものです。

 

  • 自分を応援してくれた人の人生も幸せに変えてしまう
  • 自分と周囲の人に長期的経済的・時間的・精神的自由をもたらす

 

本当のセルフブランディングをしている人のゴールは自分だけの利益獲得ではありません。

 

【なぜ、セルフブランディングが必要なの?】

f:id:alchemixlabo:20170218182714j:plain

セルフブランディングは正しく行えばダイレクトに自分にスポットを向けることが出来ます。

 

会社や肩書の力がない自分(個人)に注目してもらうための活動ですが、セルフブランディングできないうちは「ただの人」。

会社のネームバリュー、役職に依存せずに「必要とされる人」にならなければ当然生きていけなくなります。

 

ただの人になった以上、セルフブランディングで自分を「ただの人」から「価値のある人」になれなければ…

 

どんな未来が待っているか、大体予想はつきますよね?

 

SNS活用でセルフブランディング

f:id:alchemixlabo:20170218182854p:plain

現在はインターネットも普及し、SNS活用でセルフブランディングもしやすい時代になりました。

 

Facebook、インスタグラム、YouTube、各種ブログ。

ド素人でも3分登録でマイメディアが持てるなんて、20年前では考えられませんでした。

夜中にHTMLタグをひたすら入力して自分のメディアを作っていた頃を思い出すと…感謝しまくりの時代が到来しています。

 

 

そんな中「セルフブランディング」を伝えるビジネスも増えています。

ですが本質をまるで理解できていない「痛セルフブランディングも増えてきました。

 

【ありがちな「痛セルフブランディング」とは?】

f:id:alchemixlabo:20170218183207j:plain

ここでは、ありがちな「痛セルフブランディング」の手法をあげます。

 

  1. 顔写真を出せばいいと思っている
  2. 人気がある人の隣にずっとくっついている
  3. 内容も読まず「いいね」を押す作業
  4. 勝手にタグ付け
  5. 他者の投稿フィードにコメントの嵐

 

決定打として

  • 内容のない投稿

であること。

 

セルフブランディングの本質を理解していないので、時間をかけていたとしても生産性のない作業の連続になっています。

 

【痛セルフブランディングは圧倒的な損をうむ】

f:id:alchemixlabo:20170218183407j:plain

先述した、

  1. 顔写真を出せばいいと思っている
  2. 人気がある人の隣にずっとくっついている
  3. 内容も読まず「いいね」を押す作業
  4. 勝手にタグ付け
  5. 他者の投稿フィードにコメントの嵐

 これら作業自体は「間違っていない」のです。

 

ただ、本質を見失って行う作業になった場合「失敗確定」です。

続けていけばいくほど「大切なもの」を失っていくことになるでしょう。

 

失っていく「大切なもの」とは

  • 親友(友人)
  • 仲間
  • 師匠

といった人間関係から、

  • 信頼
  • 尊敬

という人間関係を形成する中で最も大事な部分です。

 

 【痛セルフブランディングを引き起こす要因】

f:id:alchemixlabo:20170218183512j:plain

「痛セルフブランディング」を作り出した要因は2つあると考えています。

それは「認知活動」ザイオンス効果」の2つの間違った解釈です。

 

①損をする認知活動

認知活動は「知ってもらう、社会に存在を認めてもらう活動」です。

ただの人の中に埋もれてはビジネスにならないので、顔を広める活動はしていかねばなりません。

 

その活動の一環に「コバンザメ」という手法があります。

魚のコバンザメをイメージしてください。

f:id:alchemixlabo:20170218183640j:plain

クジラなどの大きな生物に吸着して、エサのおこぼれや寄生虫を食べていますよね。

 

これをビジネス手法に例えたものなのですが、具体的に何をするかというと…

 

インフルエンサー(尊敬・信頼などの力のある人)の近くに行き、顔を広めていきます。

 

正しいセルフブランディングなら、ファンも獲得できますし、信頼も獲得できます。

ビジネスの初期段階で影響力のある人(力のある人)からティーアップをしてもらえるならば、これほど心強いことはありません。

 

ただ、これは片利共生であり、クジラとなる人物が快く承諾している場合に成立する関係です。尊敬と感謝の関係性があってこそです。

 

「このクジラ(人)、認知に利用できる!」

 

という思いで傍に行くと…その思いは大抵バレます。

 

当然「何?この人」と思われても仕方ありません。また、あちこちで同じことをしてしまえば「誰でもいいのか」とも思われてしまいます。

 

クジラは自分が成功しているので「成功したい!」と頑張っている人を応援したいという気持ちを持っている人がとても多いです。

 

しかし、

 

こんな行動をしている人をティーアップしてくれるクジラはいるでしょうか?

また、それを眺めているSNS利用者にとってその行動はどう映るでしょうか?

 

価値を高めるブランディングとして映る行動でしょうか?

 

②うざったすぎる「ザイオンス効果」

ザイオンス効果:同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果のこと(単純接触効果という)

 

「最初はうざったがられるけど、見慣れてくれば親近感を持ってもらえます」

 

こんな指導をしている人はいない!と信じたいところなのですが、SNSを見ている限りこういった指導をしている人がいるのは否めません。

 

ザイオンス効果は、あります。

ですが「強いメッセージ」と共にあることが大前提です。

 

SNS活用でザイオンス効果を期待するならば「リアルで会ってみたくなる人」を目指さなければ投稿作業はムダな時間となります。

 

モデルのように特別にキレイ!カッコイイ!なら「視ることに価値」はありますが、「ただの人」の顔出し写真で、なおかつ内容が無いもの…。

 

これを見て喜ぶ人っているでしょうか?

 

「リアルで会ってみたい」価値を与え、リアルで会った時に親近感をもたらすものとして意識してほしい「ザイオンス効果」。

 

顔を出しまくった結果、「うざったい!うるさい!気持ち悪い!」と思われてしまったら本末転倒ですよ?

 

【痛セルフブランディングから卒業するために】

f:id:alchemixlabo:20170218183815j:plain

もし 、この記事が参考になったなら、今後以下のことに気を付けて方向転換を図って下さい。

 

  1. 自己中心的な利益を追い求めない

  2. 等身大発信をしていくこと

  3. 他者SNSを荒らさない

 

 1・自己中心的な利益を追い求めない

「有名になるためにインフルエンサーを利用してやれ!」という気持ちではなく、純粋に「尊敬し、慕う」ことの出来る人の傍に行けばいいと思います。

 

自分が慕っている人の隣では「利用しようとしている悪い顔」にはなれません。顔は心の写し鏡なのでアップされている写真を見ると分かってしまいます。

 

自分が尊敬し、慕うことのできる人の傍にいるときの表情のほうが断然「素敵」ですよ!

 

また、SNSのタグづけも了承があるかどうかは心象が違います。

クジラがティーアップしてあげたい!と思うのは、基本的な心づかいのできる「人」であり、そのような人に「可能性」を感じるそうです。

 

 

2・等身大発信をすること

素晴らしいことを書いたり、素敵な姿でSNSにアップするのはいいですし、日常の話にちょっとした色を加えて、読者を面白おかしく楽しませるのは良いことだと思います。

 

しかし、度が過ぎると「演出」となり、いずれ自分自身を苦しめるようになります。

 

嘘を書かないことはあたりまえですが、オンライン上の自分とリアルの自分にあまり開きを与えない発信が望ましいでしょう。

 

リアルで「思ってたのと違った」といい意味で言われるセルフブランディングを目指してください。

 

3・他者SNSを荒らさない

インフルエンサーSNS投稿記事コメントによくみられるケースです。

「この人の投稿で自己アピールをしたら人目につく!」というコメントではなく、純粋なフィードバックを発信者は求めています。

 

自己アピールは「自分の投稿フィード」が基本です。

 

エンドレスコメントは「フィード荒らし」であり、アピールどころか度が過ぎればブロックされる恐れもありです。

適度な距離間を意識して、「人に見られている緊張感」を忘れずにコメントをしてください。

 

【さいごに】

セルフブランディングは自分の価値を高めるためのビジネススキルです。

正しく行っていれば自分も他者も誰一人「痛い思いをする人はまず出てこない」のです。

 

ゼロからスタートであっても、周囲から応援され、しっかり一段一段、ゴールに向けて歩んでいけるはずなのです。

 

自分のセルフブランディングには欠かせないものがあります。

これはまた別記事にてお伝えしますが

 

セルフブランディング=目立つことではない

 

ということだけは頭の片隅に入れておいてください。

 

私自身もブログやSNSを何年も使ってきており、自分自身も失敗経験があります。

またセールスライターとして培ったスキルを手掛けているクライアントも伝えたところ、これらのルールを守ってもらったうえで望ましい結果も出ています。

 

せっかくの素晴らしい才能の種を社会で役立てようとする人たちが「痛セルフブランディング」しか知らない状態で発信しているのは大変にもったいないことです。

 

目の前に居なくても人間関係と密着になったこのご時世。

 

価値を高めるセルフブランディングであなたを必要とする人に見つけてもらえることを願っています。

 

f:id:alchemixlabo:20170218184440j:plain