読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Making the Future project "alchemix"

「なりたい自分」は「自分サイズ」を見つけることで初めて実現する。世界中の「私」を創造する自分錬金プロジェクト。

ブログ&SNSの「眺めてるだけちゃん」は非常にもったいない件

SNSやブログで自分の思いを積極的に発信している人を見ると羨ましいな…」

そう感じているのに自分は出来ないと悩んでいるあなた。

 

「もしもあの人が読んでいたらどうしよう、気になるな…」

「もしも自分が本音を書いたら、叩かれるんじゃないかな」

「もしも誰かが誹謗中傷コメントを書いてきたら…」

「もしも文章が<ヘタクソ>と思われたらどうしよう…」

「もしも家族や読んだら気まずくなるかも」

「もしも自分のことを書いたらナルシストと言われるかも」

 

そんな悩みでブログ・SNS「眺めてるだけちゃん」になっていませんか?

 

そのくせ「書くのが上手くなりたいです!教えてください!」と望んでいる。

「書かない」のに「書くのが上手」にはなりません。

 

ですが、この悩み、放っておくわけにはいきません!

 

かといって素晴らしい人たちが書いているような「当たり前」の発信術など書いたところでちっとも面白くないですし、それらが役にたってるならこんなに悩んでいる人はいないと思います。

 

なので、切り口を少し変えて「書けるようになる方法」をお伝えします。

 

書けるようになるには、「書ける環境づくり」

これは「書くための本当の意味での静かな環境」を手に入れるという意味です。騒がしい場所じゃなく、静かな場所で書きましょう…ということではありません。

 

具体的にどういうことかと言うと、あなたが書けない理由を1つずつ潰していくということです。

 

書けるようになるための「心の環境」を整えましょう。

「もしもあの人が読んでいたらどうしよう、気になるな…」

f:id:alchemixlabo:20170227021606j:plain

あなたが気にしている「あの人」とは誰ですか?「あの人」はあなたにとってどういう存在なのでしょうか?

怒らせたら怖い?何をされるかわからない?攻撃されそう?言いふらされそう?

少なからずあなたは「あの人」を信頼していないので、望ましい人間関係ではない状態ですよね。

 

さっさと離れることをオススメします。

 

<対処法>

SNSなら「あの人」に読めない設定にするか、何らかの損益をうむだろう危険人物ならばブロックしましょう。

またリアルで会ったことがない人なら、スパンとブロックしても何ら問題ないです。

 

Q&A

「リアルでも会うのに、ブロックしたのがばれたらもっと怖いことに!」

SNS外で『私、ブロックされちゃったの、ひどくない⁉』と言いふらされそうで怖い!」

→ブロックされたことを怒る人より「私、何かしたっけ…?(汗)」とドキドキしている人のほうが多いです。また、ブロックされたことを言いふらしてる人は「私はブロックされるだけの何か原因を作ったの!トラブルメーカーよ!」と言いふらしてるのと同じなので放っておいて大丈夫です。

 

「もしも自分が本音を書いたら、叩かれるんじゃないかな」

f:id:alchemixlabo:20170227021711j:plain

本音を書いたら、良くも悪くも反響があります。その反響の中にはどういった種類があるかと言うと

 

・共感

・同意

・驚き

 

と言ったものがありますが、いきなり本音を打ち明けられたら「驚く」人も多いもの。

「驚き」の中にも種類があって「怒り」、さらに掘り下げるなら「悲しみ」といった感情が生まれる人もいます。

「この人と私、同じ価値観だと思っていたのに」

「本当はこんなこと考えてたんだ、方向性が違う!騙しやがって!」

と相違に気付いた人たちはガッカリしたり、怒り出したりする人もいます。

 

こういう現象は一定数必ず起こります。

これはあなたが本音を打ち明けられる側になった際も、同じような気持ちが湧いてくる可能性が十分にあります。なのでこういった気持ちをもった相手に対して気落ちしなくても大丈夫。仕方がないことです。

 

リアルでの友達や仲間なら、その思いを抱えたままずっと付き合うのは苦痛になってくるでしょう。ならば自分の気持ちを発信して、読んだ側から距離をとってもらうのが一番ラクだとも言えます。

 

 

「もしも誰かが誹謗中傷コメントを書いてきたら…」

f:id:alchemixlabo:20170227022445j:plain

ブログやSNSに誹謗中傷コメントを書かれたら、まるで「公開処刑」されたような気分になりますし、やはり傷つきますよね。

誹謗中傷コメントには2つの対応策があります。

 

・消す

・反応しない(スルー)

 

ここでの誹謗中傷と言うのは「悪意ある書き込み」です。アドバイスや、違う意見としてのコメントではありません。

悪意ある書き込みと言うのは、

 

・仕事に差し支えること

・人格を疑わしく感じさせる表現

 

損失を招きかねないコメントです。

 

例外として「やっつける」という対応策もあるのですが、多くの人も見ていますし、仮にやっつけたとしても公開処刑をして返す行為なので、相手のレベルに成り下がった対応策となります。そんなの、カッコ悪すぎて嫌ですよね。

 

「もしも文章が<ヘタクソ>と思われたらどうしよう…」

f:id:alchemixlabo:20170227022531j:plain

世の中、自分よりヘタな人はゴマンといると考えましょう。

 

万が一「あんたはヘタクソだ!読んでる時間がもったいない!」と言われたことがあるなら、「じゃあ、読むなよ!」と言い返すか、私のようなプロに一度文章添削をしてもらうことをオススメします。

 

文章のうまい下手は、書く仕事をしている人同士が判断できることであって、自分の発信をすることが目的の人は自分の書くスキルに神経質になることはないと思います。

 

例えば、Facebookを例にあげますと、現在アクティブユーザーは2700万人(日本国内)です。(平成16年12月最新情報による)

あなたは1350万番くらいの書くスキルだと思っていればよいのです。

自分より書くのが上手い人は1350万人、自分より書くのが下手な人は1350万人いると思ってたら気が楽になりませんか?

 

あ、ゴマンどころじゃなかったですね(笑)

 

「もしも家族が読んだら気まずくなるかも

f:id:alchemixlabo:20170227021418p:plain

これはブログやSNSを利用している人それぞれですが、家族で閲覧して問題がなければ繋がっていればいいだけの話だと思います。

 

信頼関係が出来上がっていて、意志疎通ができていれば隠すこともないはずですし、問題は生じません。

 

もし、信頼関係が成立していたとしても「誤解を招きたくないから」と繋がっていない人もいます。家族、親戚であっても「他者」なので相手の感じ方は相手次第。

 

ちなみに私は家族・親戚は一切ブロックです。

 

必要最低限の話は普段から伝えるようにしていますが、実際に知らない人の話が出てくることを面白くない人もいます。

 

家にいるより楽しそうな姿を見せるのも気が引けるので、私に近い考えの人は家族や親せきに見えないように発信するほうが気楽に書けると思います。

 

「もしも自分のこと書いたらナルシストって言われるかも

f:id:alchemixlabo:20170227021330j:plain

これ、何か都合悪いことありますか?

「私なんて死んだほうがいい」なんて発信を毎日している人と、

「私、自分の生き方、大好きだわ!」という発信をしている人

どちらが魅力的でしょうか?

 

前者も後者もどちらの投稿にしても、自分大好きな人間です。

書いても書かなくても、みんな自分のことが大好きです。どんな人生を送ってきたとしてもね。

自分のこと大嫌い!と言いながらみんな自分が大好きです。そんな自分を認めちゃってください。

 

ナルシストと言われることが怖い人は、「目立ちたがり屋」だと思われることが嫌だと感じているのでは?

 

ブログ、SNSを活用する目的次第ではありますが、仕事で活用するなら「目立つ」ということは必要ですし、アピールしていかなければ埋もれます。

 

しかしながら、読み手が「読んでよかった、面白かった」と微塵も思えないような記事で、内容ゼロ投稿を連投しまくるなら…ただのナルシストかもしれませんね。

 

書くことは最大の防御

f:id:alchemixlabo:20170227021137j:plain

発信するということは他者に自分の頭の中を文字で晒す行為なので形として残ってしまいます。リアルな発言以上に勇気が必要であることは確かです。

 

書くこと・発信することは自分を守る最大の防御

 

思いもよらぬ自分にまつわる噂が独り歩きして、あなたの言葉がどこにも見つからないなら、その噂は「本当のあなた」として歩き続けていく恐れがあります。

自分が常に発信していれば、おかしな噂が歩き出したときに「あなた」を確認しに来た人はあなたの言葉をみつけてくれるでしょう。

 

また、嫌いな人、苦手な人をけん制するには「発信」は最高の防御です。

 

ちょっと想像力を働かしてください。

勇気を出して自分の思いをさらけ出して発信してきた人を、あなたなら真っ向から批判、否定できますか?

 

勇気を出して自分の思いをさらけ出した人にそれをやろうと思ったら、思いをさらけ出した人以上の「勇気」が必要になります。

 

なので、意見が明らかに食い違っていたりする人や、方向性が違う人、あなたのことを苦手だった人、あなたを嫌いでどうにかしてやろうと思っていた人はどうするかと言うと…

 

連絡をよこさなくなってきます。

自ずと距離が生まれ、気がついたら縁が切れています。

 

あなたも自分の口から直接「2度と会いたくない!」「失せろ!」なんて言いにくいですよね。音もたてずに去るという選択をする人がほとんどです。

 

発信するということは、あなたの周りからそういった人を減らし、あなたの行動範囲も広げてくれます。

 

分厚かった自分を制限する人間関係の壁は、書くたびに薄くなっていきます。

結果的にあなたの居心地のいい世界が待っています。

 

それでも怖いという人へ

f:id:alchemixlabo:20170227020655j:plain

自分が書くことで、自分から去っていくかもしれない人がいるならその人数を数えてみてください。

そしたら、1億2千万からその人数を引き算してみてください。

 

その人たちがどこかへ行ってしまったとしても、引き算して残った人数の人たちの中から、必ずさらに素晴らしい人たちと出会うことになります。

 

自分から去っていってほしくない人がその中に入っていたとしたら、こんなことくらいで自分のもとから去っていく人ではないとあなたが信じるしかありません。

 

あなたが相手を信じていないのに、相手には自分を信じろだなんて、虫が良すぎます。

 

発信できるかどうかは、あなたが周りをどれだけ信頼しているか、です。

周りがあなたを信頼しているかどうか、ではありません。

 

あなたが信頼している周りの人に、どんな発信をしたいのか、どんなことを伝えたいのか?

 

あなたの大事な人が画面の向こうにいます。

そのことを忘れないように発信さえしていれば、よほどでない限り孤立するような現実はやってきません。

 

書くことに対して、気持ちの面から環境を整えて、自由に自分の世界を描いてください!

f:id:alchemixlabo:20170227020355j:plain

中二病を徹底的にこじらせちゃったら才能になって稼げた話

中二病厨二病)とは?

(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、または精神疾患とは無関係である。

 

昨年よりなべまきは「才能&人財育成の先生」のもとで勉強しています。

 

私自身に活かすためという理由が第一ですが「セールスライター&自分サイズビジネスのアイデア戦略家」として活動しているので「クライアントの長所を伸ばしたい!」という思いで勉強し続けています。

 

クリエイター系の人から発信アイデア戦略のサポート依頼があり、お手伝いに入ることが多いのですが、成果が出る人にはある共通点がありました。

 

続きを読む

「痛セルフブランディング」で自分の価値を下げないでください

セルフブランディング

企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。(Wikipediaより引用)

 

私がセルフブランディングを学びだしたのは7~8年前。

この本を友人だった人気ブロガーに紹介されたからだった。

 

続きを読む

「alchemix(アルケ・ミクス)」は自分にとってのプロジェクト

「これ、なんて読むんですか?」

 

コピーライターになってから

幾度となく聞かれています。

名刺を配ったときに聞かれるのです。

 

<alchemix アルケ・ミクス>です。

 

「んー、どういう意味なんですか?」

 

<alchemy>錬金術+<mix>混合の造語です。

 

とずっと答えていたんですが、

alchemyには魔法・秘法という意味もあるし、

mixには「仲良くなる」という意味もあります。

 

最近、配っている名刺に「alchemix」とは載せていません。

 

 

「alchemix」は私にとっての

プロジェクトになったからです。

続きを読む